営業活動でこんな悩みをお持ちではないですか?

  • 今までのアナログ(対面)営業だけでは限界を感じている
  • WEBサイトからの問い合わせがなくて活用できていない
  • 属人的なアナログ営業しかできないので生産性が低いままだ
  • 効果的な営業方法を取り入れたいが方法が浮かばない
  • 営業のデジタル化と言われても何をどうすればいいかわからない

小さな会社が抱える営業活動の課題

少し前から営業活動のデジタル化(オンライン営業)に関しては課題でしたが、コロナ禍により優先すべき経営課題のひとつとなりました。

規模の大きな企業は資金・人材などのリソースがある程度揃っていることもあり、いち早く営業活動のデジタル化を進め、生産性を上げ成果を出しています。

一方、中小規模の企業では、何をしたらいいかわからない、資金や人材などのリソースがないという理由から従来通りの属人的なアナログ営業活動から脱却できず、成果が低いままという状況が続いています。

中小企業のアナログ営業の代行サービスの提供からスタートした当社では、デジタルツールを使ったデジタル営業と従来のアナログ営業の両輪(ハイブリッド営業)で新規顧客の開拓を支援しています。

アナログ(オフライン)営業+デジタル(オンライン)営業=ハイブリッド営業

営業活動のデジタル化とは

営業活動のデジタル化の詳細をみる➡